ボーカル入り素材楽曲「だけど、ノスタルジズム」公開!ダウンロードはこちら!

ゲーム実況動画とフリーゲームの関係

こんにちは。普段は超マイペースにフリーゲームを制作しています。
藍津海(あいづうみ)と言います。

第四回新人フリコンからゲーム実況動画の募集が大々的に開始されました。
これはひとえに、フリコンの運営に携わる皆さんが、フリーゲームを少しでも盛り上げるためにとの想いで、試みていることだと感じています。

さて、このゲーム実況が動画サイトで公開されるようになってから早幾年。
ゲームと実況は、もはや切っても切れない関係性になりつつあります。
多くの方はゲーム実況そのものには肯定的な意見を持っています。
しかし、反対に問題があるという意見もあります。
そして、その最も大きな問題の一つが、ゲーム実況動画の収益化です。
今回はこの収益化を軸に、ゲーム実況動画とフリーゲームの関係について考えてみます。

1.フリーゲームは無料である
当たり前ですが、新人フリコンに応募されるゲームや、ふりーむや夢現に代表されるフリーゲームダウンロードサイトのゲームは、無料で遊ぶことができます。
フリーゲームの大半は趣味で作成されており、制作者はプレイヤーが自分の作ったゲームを楽しんでくれることが喜びとなっています。

2.物にもよるがゲーム制作素材も無料のものがある
著作権フリーなどの素材もありますが、ゲーム制作で利用する素材の中には素材制作者の方が、無料で利用させてくださっているものもあります。これは完全にご厚意です。
そういう素材は、利益を得ることが目的で利用できない場合が大半です。
つまりフリーゲームの制作に利用されることを想定しています。

3.動画配信サイトの広告収益はグレーゾーン
ゲーム実況者の中には、動画サイトの広告や投げ銭の収益を目当てに活動している方もいると思います。この収益で利益を得ることについては、ゲームの規約が絶対です。
動画自体を売ることは完全にアウトだと思いますが、実況に利用するゲームの規約を絶対に守る限り動画の投稿について応援してくれる方はいるはずです。

4.トラブルを回避するための規約の合理性
ゲーム実況で利益を得ることが目立ってきたのは、動画サイトが動画投稿者に広告の収益を還元するようになってからのことだと思います。
先の1番と2番の内容について鑑みたとき、1人の人間として、また、フリーゲーム制作者、無料の素材制作者として自分たちが時間をかけて作って無償で公開している作品が、最終的にゲーム実況者によって利益を得られているという状況に納得できず、モヤモヤする方もいると思います。
また、知らず知らずのうちにゲーム実況がゲーム内で利用されている素材の規約を破っていることもあるでしょう。
フリーゲームとゲームに利用されている素材は、規約に2次使用について記載されている場合がほとんどだと思いますが、トラブルの目を小さくするために、あえてゲーム実況についての規約を別途設けることをおすすめします。
特に素材屋さんはここを明確にすることで、フリーゲーム制作者が公開したゲームについて実況の可否の判断をしやすくなります。
ゲーム実況は禁止かOKか、ゲーム実況の動画で広告の収益など得ることは禁止かOKかなど、明確に記載すれば仮に禁止にしているのに行われた場合、スムーズにその問題について対処することが可能となります。

5.収益に関係なくゲーム実況自体は、制作者がOKだからOKになっている
最近のフリーゲームの多くは収益に関係無く、規約にゲーム実況を行って良いかどうかを記載しています。
3番にも記載した通り、ゲーム実況者は絶対にゲームの規約を守ってください。
そして、ゲーム実況があるからフリーゲームが有名になるなどという傲慢な考えを持たないで欲しいと切に願います。フリーゲームが実況できるのは、制作者の粋な計らいでゲーム実況をOKにしているからであることを忘れないでください。
実況者と制作者、まずはお互いが気持ちの上でwinwinになることが大切です。

6.とはいえ実況されると嬉しいと感じる人はいる
色々と気を付けなければいけないことはありますが、ゲーム実況をされること自体は嬉しいというフリーゲーム制作者はいます。作った作品が遊ばれたり感想を貰えたりして嬉しいのは当然のことです。制作のモチベーションもそれによって上がるでしょう。
第四回新人フリコンでゲーム実況動画を募集しているのもそのためであると感じています。
実況で楽しくプレイされていると嬉しいと感じる、それもまた人の心なのです。

■最後に
長くなりましたね。ここまで読んでくださりありがとうございます。
何だかとりとめのない内容になってしまいました。
フリーゲームは趣味で制作されている作品が多くあります。普段の仕事や生活の合間を縫って制作されています。
その大事な作品をいたずらに傷つけて良いはずがないことは、わかるかと思います。
これからも何か問題がたくさん浮かび上がるかもしれません。
しかし、フリーゲーム実況を多くの人が今後もより一層楽しめるようになるためには、実況者と制作者がしっかりと考え、お互いを理解し、行動していくしかない。
そうすればきっと、より良いゲーム実況の文化が未来に向かって育まれていく。
楽しく幸せなゲームの未来が、また一つ増えていくのです。

 

藍津海 様

(「twitter」 https://twitter.com/UmiIzu

※キャンペーンの詳細やコメントのルールなどはこちら